海外で暮らす、学ぶ、働くのすべてを体験

2カ国留学

2カ国留学で豊富なレッスン量と費用を抑え、
次の英語圏への留学にしっかりとした準備を行う!!

フィリピン留学を中心に物価の安い国で語学留学し、その後、主要英語圏でワーキングホリデーや語学留学、専門留学、大学進学などの準備を行う、2つの国を組み合わせた留学のことです。ここ近年から流行り出した留学スタイルで、トータルの留学費用を格段に抑えられる、マンツーマンレッスンが豊富で1日で学べる授業時間多く、英語を効率よく伸ばせることなどの理由から人気があります。

FEATURE

2カ国留学の特徴

  • POINT 01

    トータルの費用が格段に抑えれる

    費用が英語圏より安く、授業数が桁違いに多い。
    英語圏の語学学校ではグループレッスンがメインに比べ、フィリピンではマンツーマンレッスンが1日に沢山あり、英語がまだあまり出来ない人にとっては、最適なコースとなります。

  • POINT 02

    英語の自信がない人に安心の留学

    フィリピンの語学学校はマンツーマンがメインで、そこに+でグループレッスンやオプションクラスがあります。日本人が多いのは懸念点としてありますが、見方を変えれば日本人が多いので安心出来るとゆうお声もあります。先生達も日本語が話せる人も多いので初めの留学や英語圏への留学前の準備には最適です。

  • POINT 03

    2カ国目の入国後にすぐ出来る選択肢が違う

    2カ国留学(フィリピン+英語圏)する事によりフィリピンでこれから同じ国に向かう仲間に出会えたり、海外仲間のコミュニティーができます。それに、日常的な英語を話せる事により、英語圏での語学学校の期間を抑えれたり、極論、行かなくても人の繋がりや、すぐに働ける職場にアプローチ出来る可能性が高まります。事前に異なる文化や習慣、環境での生活への耐性をつけておく事も大切なポイントになってきます。

COUNTRY

二カ国留学ができる国

VISA FLOW

ビザ取得までの流れ

  • 申請条件の確認

    ワーキングホリデービザは国によって申請に必要な条件が異なります。条件には年齢制限や健康状態、十分な所持金などが含まれます。条件を満たしていないとビザを取得することができないので、必ず事前に行きたい国の申請条件を確認しておきましょう。

  • 必要書類の準備

    申請条件を確認できたら、次に申請に必要になる書類を揃えましょう。申請には有効期限が十分なパスポートや英文の残高証明書などが必要になります。こちらも各国で異なりすぐに揃えることができないものばかりなので、事前に確認し準備しておきましょう。

  • VISA申請

    必要書類を揃えたら実際に申請をします。申請から取得までの手順はオンライン申請、書類郵送、面接、健康診断など国によって様々です。また、各国申請期間や抽選方法も異なるので必ず確認してから申請するようにしましょう。

Q&A

よくある質問

ワーキングホリデーVISAと学生VISAどちらがいい?

ワーキングホリデーVISAは就労出来るとゆう特典がありますので語学学校も行きたいけど働きもしたいとゆう方はワーキングホリデーVISAがおすすめです。働く事はしなくていいから長く語学学校に行きたいとゆう方には学生VISAがおすすめです。(国により語学学校に通える期間や就労条件に違いあり)

ホームステイ先が不安

誰でも初めはこの問題と不安があると思います。
ある程度、語学学校に申込む時にリクエストは可能な限りはさせて頂きますが自分自身もスキンシップやコミュニケーション方法など事前に取れるべき行動はインプット一緒にしていければと思います。ホストファミリーは留学生の受入れ経験がありますし、学校がホストファミリーにオリエンテーションをしていますので、上手に話せなくてもしっかりと前向きに気持ちを伝える事を大切にしてください。

住む場所の探し方

留学先の現地のインターネットの情報サイトで探したり、SNS含めたソーシャルメディアで探す事も大切な行動の1つです。海外ではフェイスブックを使われてる方が多く登録しておくのも大事です。また、語学学校の掲示板やスタッフ、友達の紹介や口コミなどネットワークを活用して探します。初めの1.2ヶ月は語学学校からのホームステイ先を確保しておくとその間に次の所を見つけるケースがほとんどですのでしっかり自分から行動して動いていく事が大切です。

語学学校には通うべきか。

結論がお伝えすると、英語力や人脈があるなら行かなくていいとも思います。
ですが、英語力がない、人脈もないとなってくると必ず行くべきだと思っております。語学学校で英語を学び、人脈や友達を増やす。学校の先生やスタッフもコミュニケーションを取り、現地の必要な情報や手段などこれからの生活の為に役立つ事が語学学校には沢山ありますので、メリットを最大限感じれるように事前にいい準備を一緒にしていきましょう!

ワーキングホリデーの仕事内容

国や都市によっても変わりますが、基本的にカフェやレストランなど接客に関連する事が多いのが傾向となります。ある程度の英語力やスキルがあればお仕事の選択肢も広がり、様々な事にチャレンジ出来る事もあります。とはいっても人との関わり方で大きく変わってくる予期せぬ事も起こるのも留学の楽しみであるので、しっかりと自分のしたい事の主張と人間関係作りは常にしておきましょう。